期間従業員の求人のメリット

期間従業員の求人は、アルバイト、派遣社員、正社員のいずれでもありません。


期間の定めのある契約社員という雇用形態になります。契約社員は派遣社員よりも給料が低いというイメージを持っている人もいますが、ケースバイケースです。

自動車工場の期間従業員の求人などは、派遣社員よりも高待遇となっているケースが多いです。



契約社員として5年間働くと、正社員になれると言われています。
しかし、5年以上働いたら、希望すれば無期間の雇用契約を結べるということであり、正確に言うと正社員とは異なります。
契約を更新するかどうかは会社が自由に決められる問題なので、例えば、4年と6ケ月働いたところで契約が更新されないということも起こり得ることです。

無期間の雇用契約には会社側のリスクが高いので、途中で契約を更新されない可能性は高いでしょう。
期間従業員の求人では、正社員になるという希望を持って働く人もいますが、やはり契約社員という雇用形態に納得をしている人が働くべきでしょう。


特に、大手メーカーの正社員になることはとても難しいことなので、正社員登用制度があったとしても、あまり期待を持ちすぎないことが大切です。

中小企業の正社員の求人を探して、早い段階で正社員になっておいたほうが現実的かもしれません。

T-SITEのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

面接の時には、志望動機で「正社員になりたいです」などと言う人もいますが、やめておいたほうが無難です。
期間従業員の仕事はあくまで契約社員という扱いになるので、それに納得をして働ける人でないと採用は難しいでしょう。