期間従業員は求人を比較して応募する

自動車工場を代表とした多くの期間従業員の求人は、同じ工場に対して複数の会社から募集が掛けられています。

知って納得の期間工の求人に関する疑問にお答えします。

工場で生産される製品は、繁忙期と閑散期の差が激しい所ほど期間従業員に頼る傾向があり、求人条件には待遇の違いから各社で競争する状態が続くわけです。

よく利用されているNAVERまとめがどんなものかご存知ですか。

しかし、求人誌に掲載されている待遇条件ばかりに注目していると、実際に働き始めてから違和感を感じることが少なくありません。

見た目の待遇よりも、もっと注意深く確認する項目があるからです。



工場が募集する期間従業員には、直接雇用として募集されるものと派遣社員として募集される2通りがあります。直接雇用として募集されている場合には、契約期間をしっかりと満了出来る見込みが高いですが、派遣社員として募集されている会社へ応募すると、生産量調整により早期契約終了を通告されるリスクがあることを認識しておかなければなりません。
派遣社員として募集している場合は、寮として用意している設備をアピールしているほど新規参入の派遣会社の求人という可能性が高いです。直接雇用となる工場自体が募集している求人では、昔ながらの寮が用意されている場合も多いので、完全個室と銘打っていても現地で確認しておいた方が良いでしょう。
派遣会社の期間従業員ならば、コーディネーターが間に入るので、広告と異なる寮環境と判明した時点で派遣スタッフが辞めてしまう可能性が高く、しっかりとした寮を用意する傾向にあります。
直接雇用を重視するか、寮環境を重視するかが分かれ道です。